昔なら親しまれてきた健康食品|ウコンの効能をリサーチ

ウコン

多様な効能を持つ健康食材

ウコンはショウガ科の多年草で、根を乾燥させたものはスパイスや着色料として利用されるほか、サプリメントの原料にもなっています。肝機能の強化、脳の活性化、腸内環境の整備などさまざまな効能が期待できるとされています。

鬱金

色素由来の効果を活かす

ウコンは肝機能促進・抗酸化作用といった効果が見込める色素が含まれ、健康食品の原料としての採用や、一般食品の着色料として広く使用されています。問題となり得る作用も報告されている為、量を守った正しい使用が求められます。

多様な効果を持つ植物成分

サプリ

男性や女性の悩みを改善

話題の健康成分、ウコンは今や健康食品でも定番の素材です。ウコンには、多様な効果効能があり、疲れや老化の兆候が気になりだす中高年世代からは、特に支持が高い成分と言えます。ウコンは、健康だけでなく美容にも効果が期待されており、女性の支持者が増えている健康成分です。ウコンの効果として有名なのが、肝臓機能のサポートです。ウコンは、肝臓の働きを助けて、飲酒の悪影響を防ぐことでも知られています。従って、アルコールを頻繁に摂取する方から特にニーズが高いのが、こちらの成分を使用した健康食品です。お酒を飲む予定がある時にこのような健康食品を摂取しておくと、飲酒後に出やすい肝臓の疲れが和らぎます。晩酌などを習慣にしている方は、肥満の指標の1つであるコレステロール値も気になる所です。ウコンは、コレステロールが増えるのを防ぐ働きも持っていることから、体型に不安を抱えている中高年世代のお悩み解消にも、パワーを発揮します。また現在では、成分の美肌効果にもスポットが当たり始めます。ウコンは、肌トラブルを引き起こす大元の原因にアプローチし、老化を促す要因をなくすという画期的な働きを持ちます。従って、いつまでも若々しい肌を保ちたい女性からも支持されているのが、ウコンの成分です。こちらの植物成分は、同じ名称で呼ばれていてもその実、色々な種類があります。日本の健康食品に主に用いられているのは、秋に採取されるウコンです。

栄養補助食品

量を守って摂取しよう

ウコンは、二日酔い予防や消化不良改善など様々な効能を有していて、古くから使用されているのです。タイミングは摂取方法や効能により異なり、摂取の際は副作用を防ぐため1日あたりの量をきちんと守ることが肝心です。