昔なら親しまれてきた健康食品|ウコンの効能をリサーチ

  1. ホーム
  2. 量を守って摂取しよう

量を守って摂取しよう

栄養補助食品

タイミングも大切

ウコンは精油成分と食物繊維が豊富に含まれていて、古くから生薬として使用されています。ウコンは春・秋・紫と3種類あり、各種類とも体に与える効果が違うのが特徴です。春・秋は主に肝臓機能の強化が、紫はダイエットに効果が見られるのです。ウコンはクルクミンの含有量が豊富で、他にはターメロン・シネオールといった多様な成分を有しています。ウコンは、二日酔いの予防・免疫力や脳の機能を高める・肌をつやつやにする効果が期待出来るのです。また、ウコンは、粉末が含まれた食品から摂取したり、すりおろして飲むなどの摂取方法があげられます。なので、粉末が含まれている食品の場合、そのまま摂取をし、何時摂取しても効果は同じであるため、時間帯を気にする必要はないです。ウコンは、すりおろして水やお湯に入れて飲むことも可能で、その際は苦味を感じず楽に飲むことができるでしょう。また、二日酔いを防ぐ目的である場合には、飲酒前に飲んでおくと効果があらわれやすくなります。それ以外の効果を期待する場合、消化・吸収されにくい特性を持っていることから、食後に飲むのが望ましいです。または1日数回に分けて飲むことも効果があるのです。乳酸菌が含まれている食品などと一緒に摂取すると、抗酸化作用が強く働き、生活習慣病の予防にもつながります。また、副作用を起こさないためにも、1日あたり5グラムを上限に、1.5グラムから3グラム間摂るようにするのが良いです。